新しい時代の健康コンセプト

新しい時代の健康コンセプト

●人生100年時代を見据えた長期の人生設計の視点を持ち、健康寿命を延ばすことを明確に意図し、早い年齢時から自立生活持続可能性を高め、維持する生活習慣を当たり前と位置づけ、身につける。
●「絵に描いた餅」のような理想的で実践が難しい生活習慣を目指すよりは、より実践しやすい、簡単で効果的な自分に合った無理のない健康法を、歯を食いしばることなく楽しみながら実践する。
●「自分の身体は自身が一番良く知っている」ということを大前提とし、常に自身の身体と心の状態に意識を向け、観察し、安易に人任せにしたり、服薬に依存したりしない。
●自分自身の感性を信頼し、心身をできるだけ快適で良好な機能状態に維持し、活動させ、いつも機嫌良くニコニコしながら、自他にポジティブな「使い方とはたらきかけ」を心がける。
●健康はデータ的、部分的、客観的、相対的に「適正であること」と定義するよりは、全体的、主観的、俯瞰的にバランスが取れて、「調和した状態であること」と定義する。

具体的な健康コンセプトと健康法について

●「人生100年時代の健康運動プログラム」セミナー(スライド抜粋)

●「ルーティンエクササイズプログラム作成」セミナー(スライド抜粋) 

●不定愁訴改善成果を出すことにコミット(平均68.8%の改善率)

●わかりやすい資料・コンテンツを制作(ホームサーキットトレーニング)